ダンプカーを安く導入する

ダンプカー

中古リースで導入

フリーでダンプの運転手として働く場合、商売道具となるダンプカーが必要です。フリー運転手にとって車両の導入は大きなコストとなり負担が大きいです。複数のダンプカーを使用する営業所では、ダンプカーをリースにより導入していることが多いです。リース終了後は車両を入れ替えるケースが多いでしょう。フリーでダンプの運転手となる場合、車両は自身で導入することとなります。新車の購入となると1,000万円以上の費用が掛かります。車検や保険、メンテナンスに燃料費を含むと非常に大きな負担となります。個人でもリース導入する人が多いです。新車のリースに対して中古ダンプのリースが費用を抑えた導入となるでしょう。中古ダンプで一番問題なのは故障の懸念です。購入してしまうと故障はオーナーで直さなければいけませんが、中古ダンプのリースであればリース会社と整備拠点が連携して修理に当たります。毎月のリース料を負担していれば安心して安全に乗ることが出来るのがリース契約です。中古ダンプのリース料は新車に比べて低いので、負担が軽くなります。ダンプカーはコンポーネントの耐久性が乗用車に比べて高く設計してあります。ただし、乗用車に比べて雑に使用されるケースも多く、とくに複数のドライバーで回し乗りされる場合、程度が悪いことも多いです。定期的なメンテナンスを受けているリース車両であれば安心して使用できるでしょう。経営コストを抑えるために中古ダンプのリースを検討してみましょう。

Copyright© 2018 乗らなくなったトラックを売りたい!納得できる買取価格 All Rights Reserved.